お墓参りに行ってきた・・・+愚痴

お彼岸なので、夫殿と「もさっと弟」と一緒に「もさっと母」のお墓参りに行って来ました。いつもは混む時期(お彼岸・お盆)を避けて「夫殿の母」と「もさっと母」のお墓参りに行くのですが、「もさっと弟」がお休みをとれたと言うので一緒に「もさっと母」のお墓参りに行く事にしました。墓石と墓回りをキレイにして南無南無して、姉として「もさっと弟」にご飯をご馳走して終了~。

「もさっと母」と一緒に父もお墓にはいっているのですが、父を思って墓参りをした事など一度も無い。父と言う人は家族に暴力をふるう人間でした、父は子供(特に「もさっと」)に対し、躾と言う名の暴力をふるいました。子供が「キチンとしていないのはお前の躾がなっていないから」と言う理由で母にも暴力をふるいました。母も最初は子供をかばっていたのですが暴力が続くと「お前がキチンとしていないからお母さんが怒られる」と言う理由で、私に暴力をふるいました。父は食事中も何か気に入らないことがあると【箸の上部分の硬い所】や【煙管の金属部分】など物でも殴られて(何で殴られたか分からない顔をしていると)「自分で考えろ!」と言われて食事も全然楽しくなくて嫌でした。

弟がすごくヤンチャな子で、何かやらかす度に「お姉ちゃんなんだからちゃんと見てないと」「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」と理不尽な理由で叱られ、父と母は「お姉ちゃんは馬鹿だから」と私を馬鹿にしていて、幼稚園児の弟にまで「お姉ちゃんは馬鹿だから」と言われた時は流石にショックだった事は未だに忘れられません。

私を人工としてしか見ていないので中卒で働かせようとしていたのですが、アルバイトをして自分の学費を払うので高校に行かせてくれるように頼んで高校は卒業しました。最初は定時制高校に行くと先生に行ったのですが、先生が昼間の高校に行った方がいいと言ってくれたので昼間の高校に通いました(ナイス先生!)。中学3年生の「もさっと」は『高校位出てないと潰しきかないし』って思ってましたね(笑)今の「もさっと」よりしっかりしてる!

高校に入ってすぐに父は倒れ半身不随になって暴力から解放されて毎日が本当に楽しかったです。父は体が思うように動かないイライラから家中のガラスを割り(家の中でも靴で生活してました)私たちを服従させようとしたりしましたが、勝てる自身があったので全然怖くありませんでした。そして、高校生の私に包丁を突きつけ「ぶっ殺してやる」と大声を出し恫喝してきましたが「やれるもんならやってみろよ!」って言い返したら私の勢いに負け壁を刺していました(笑)。ヤンキーとかではなく普通の高校生です、今の「もさっと」は高校生の「もさっと」に勝てないな~、必死で生きていたんだろうな・・・高校生の「もさっと」は。

お母には倒れる前から何度も「父と離婚してくれ」と頼みましたが母は離婚をしてくれませんでした、それも「子供の為に離婚しない」なんてトンチンカン理由ですよ。その子供が離婚してくれって言ってるんだから離婚してよ(怒)父は7年後に死にましたが父を知っている人は「良かったね~、これでやっと楽になれるね~」と言われました。誰一人彼の死を悲しんでいない、死んでよかったと言われる人間・・・世の中にはそういう人間もいるんですよ。。。

働きだしてからも給料の半分は家に入れていたのに、母は「お金貸して」と言い私からお金を引き出し、貸したお金は(弟にも貸していたので)100万円を超え200万まではいってないかな・・・「お金を返して」と言えば「鬼娘」と言われ、母と弟は一緒にパチンコに行っていたので「パチンコするお金があるならお金を返して」と言えば「(弟も)働いていて、息抜きも必要」と訳の分からない言い訳を言う始末です。

もちろんお金は取り返しました!鬼と言われようが悪魔と言われようが!キッチリ回収しました。楽して稼いだお金じゃない、嫌な事も我慢して私が一生懸命働いて稼いだお金です、当然ですよ。

よく「そんな環境で、愚れなかったね」と言われたが、愚れてる余裕なんてないし、あんな大人になりたくないと思っていたので愚れませんでした(笑)しっかりした子供でしたね。

そんな母も乳がんで亡くなり、今は弟とも仲良くやっています。

夫殿はとても穏やかな人で、子供はいないけどとても幸せです。(夫殿も中一から両親がいなくて・・・苦労していると思います)

豪華な食事じゃなくても毎日楽しく食べられる事が本当に幸せです!

暗い話でしたねスミマセン、長い愚痴でした。